3.メール/FAXで質問受付

毎年多くの質問をした介護福祉士受験生ほど合格率が高いです

「通信教育」に欠かせないのが「質問への対応」です。大まかなことはDVDでお話をしていますが、それでもわからない場合もあるでしょう。その場合は、メールやFAXでのご質問を受け付けております。

毎年の合格者の傾向を見ると、講義後に積極的に質問にくる方、FAXなどで質問に来られる方は100%に近い割合で合格しています。

質問ができるということは、ご自分の不得意な部分をしっかり理解できているということであり、その不得意部分を馬淵の解説によって解決していただくことにより一つ上へステップアップしていただいているのでしょう。なので、質問はどんどんしてください。的外れな質問、こんな初歩的な質問するの恥ずかしいな、と躊躇する必要は全くありません。馬淵が懇切丁寧にお答えすることをお約束いたします。

と、ここまでならどこでも聞く話。馬淵の「DVD通信講座」はこれだけではありません。「質問したいけれど、なにを質問したらいいのかわからない」という受験生のために、みなさんのもとへ「出張」します。交通費ま大変申し訳ありませんがご負担いただくことになりますが、質問は何人でもOKです。職場の皆さんをお誘いして、セミナー形式で簡単な講義を行うことも可能です。



介護福祉士受験対策通信講座TOPページへ戻る