半田介護福祉士受験対策通信(DVD)講座
介護福祉士受験対策通信(DVD)講座/株式会社ベストウェイ

当介護福祉士講座の5つの特長

  • 1.合格率80%の講師の指導

    合格率80%の講師の指導

    介護福祉士の試験は100点を取る必要はありません
    DVDとテキスト、そして当介護福祉士講座オリジナルの小テスト・復習テストの繰り返しで合格点を目指します!

  • 2.挫折しないためのフォロー

    挫折しないためのフォロー

    他では絶対あり得ない「介護福祉士通信教育の家庭教師」です
    一般的な通信教育では、「誰がフォローしてくれる」のか、目に見えません。しかし、この「介護福祉士DVD講座」では、私、馬淵が責任を持ってフォローを致しますのでご安心ください!

  • 3.メール/FAXで質問受付

    メール/FAXで質問受付

    毎年多くの質問をした介護福祉士受験生ほど合格率が高いです
    介護福祉士通信講座受講生からの質問・勉強方法・グチ(笑)なんでも講師自らがお答えします。もちろん回数無制限です。 お問い合わせをお待ちしております。

  • 4.1授業(90分)2000円弱の講義!

    1授業(90分)2000円弱の講義!

    他社の介護福祉士講座では絶対マネできない価格です
    内容を気に入っていただいても「やっぱり高い」では意味がありません。介護福祉士講座(全巻セット)の費用は16枚セットで29,800円(テキスト代別)となっています。

  • 5.動画配信コースを開始します!

    動画配信コースを開始します!

    動画配信コースを開始します!
    DVDは車の中で音声を聴くこともでき、非常に便利です。しかし、持ち出すことができず、職場やDVDプレイヤーがない場所で学習することができません。そこでスマホ・タブレットでもDVDと同じ動画を受講できる動画配信コースを開始します。これで電車で通勤している方も常に介護福祉士合格までの道筋をより確実にしていただけるものと確信しています。

半田の情報です

  • 半田はこんな町です

    半田市(はんだし)は、愛知県の市。尾張・知多地方に属する。   古くから知多半島の政治・経済の中心であり、港湾都市として発達した街である。戦前の1937年(昭和12年)3町合併により、知多半島で最初に市制を施行した。その後は、昭和30年前後の合併ブームや平成の大合併でも合併が行われないまま現在に至っている。   古くより醸造業が盛んで、太平洋戦争後には自動車関連産業などの製造業も進出。日本で初めて非核自治体宣言を提唱した市でもある。『ごんぎつね』などで知られる童話作家新美南吉の出身地でもあり、市内には新美南吉記念館があるほか、記念館周辺には童話にちなんだ花畑なども広がっている。   中部国際空港の開港に伴い、新たにこの地方への営業所の設置を図る企業も多かったが、常滑市内では十分な受け入れ体制が整っていなかった。その為、代わってこの半田市内に拠点を置く企業が多い。これは企業というより住居についてであり、知多半島の高校の約3割程度が半田市に集中している事から子弟の教育の面で半田を選ぶ傾向があるが、単身者向けの住居は常滑市内に多くできてきた。[要出典]   知多地区には知多市があるが、知多地区の実質的中心地が半田市であるため、「知多」の付く企業や団体の多くは半田市に存在する。   古くから酒、醤油、味噌などの醸造業が栄えていた。江戸中期より酒粕を用いた酢の醸造が始まると、江戸のにぎり寿司ブームもあり、樽詰めされた酢は尾州廻船によって江戸にも運ばれた。こうした醸造業の発展は現在の半田市の形成に繋がり、ミツカンなどに代表される日本有数の食品産業の町への基礎となった。   戦前には重工業も盛んになり、中島飛行機に代表されるように航空機産業も発達した。軍需産業の一拠点となった半田市は戦争中には空襲の標的となり、多大な被害を受けることになった。戦後は再び重工業が復興し、臨海部の工業地帯を中心に栄えている。   戦後、有力な収入源として半田競艇場が作られたが、伊勢湾台風により施設がほぼ全壊し、廃止された。   半田市街(半田市域)・阿久比町域および衣浦大橋が、道路事情の整備不足から慢性渋滞になっている。これが中部国際空港・知多半島と西三河を分断する要因になっており、新幹線三河安城駅からの中部国際空港直通バスにも影響が出ている。西三河のトヨタ自動車グループのような絶対的な産業基盤の乏しい半田市では、財政力の弱さから道路整備が遅れている。現在、衣浦大橋周辺での道路改良計画が愛知県によって策定されている。   衣浦トンネルについても半田市側はたどり着くまで、又は利用した後が大変である。 例えば知多半島道路・半田インターを降りてから、青山の東郷町交差点より東は古くからの片側1車線の道しかないので、慢性渋滞になっていて、通過時間の予測がしにくい。他の市と比べて幹線における右折車線が肝心な所にないことも渋滞が多い一因である。 例えば出口町交差点から衣浦大橋交差点間の約5kmは赤信号が長く、いつも渋滞しており通過に10分から15分を要することが多い。 これに関連して、現在、成岩橋交差点より東進し、港湾道路へ抜ける道路(片側一車線の二車線道)の新設と、東郷町交差点と成岩橋交差点間を横切る名鉄河和線の高架化工事が行われており、これらの完成により、交通の改善が期待される。   常滑市内には3次救急に対応出来る病院が存在しない。その為、中部国際空港の開港に伴い、知多半島で唯一の救命救急センター(3次救急対応)が半田市立半田病院内に設置された。