介護福祉士受験対策通信(DVD、動画配信)講座/ベストウェイケアアカデミー

当介護福祉士講座の5つの特長

  • 1.合格率80%の講師の指導

    合格率80%の講師の指導

    介護福祉士の試験は100点を取る必要はありません
    DVDとテキスト、そして当介護福祉士講座オリジナルの小テスト・復習テストの繰り返しで合格点を目指します!

  • 2.挫折しないためのフォロー

    挫折しないためのフォロー

    他では絶対あり得ない「介護福祉士通信教育の家庭教師」です
    一般的な通信教育では、「誰がフォローしてくれる」のか、目に見えません。しかし、この「介護福祉士DVD講座」では、私、馬淵が責任を持ってフォローを致しますのでご安心ください!

  • 3.メール/FAXで質問受付

    メール/FAXで質問受付

    毎年多くの質問をした介護福祉士受験生ほど合格率が高いです
    介護福祉士通信講座受講生からの質問・勉強方法・グチ(笑)なんでも講師自らがお答えします。もちろん回数無制限です。 お問い合わせをお待ちしております。

  • 4.1授業(90分)2000円弱の講義!

    1授業(90分)2000円弱の講義!

    他社の介護福祉士講座では絶対マネできない価格です
    内容を気に入っていただいても「やっぱり高い」では意味がありません。介護福祉士講座(全巻セット)の費用は16枚セットで35,000円(テキスト代別)となっています。

  • 5.動画配信コースを開始します!

    動画配信コースを開始します!

    動画配信コースを開始します!
    DVDは車の中で音声を聴くこともでき、非常に便利です。しかし、持ち出すことができず、職場やDVDプレイヤーがない場所で学習することができません。そこでスマホ・タブレットでもDVDと同じ動画を受講できる動画配信コースを開始します。これで電車で通勤している方も常に介護福祉士合格までの道筋をより確実にしていただけるものと確信しています。

釧路の情報です

  • 釧路はこんな町です

    釧路市(くしろし)は、北海道東部、太平洋沿岸にある市である。日本製紙・王子製紙の工場を擁する工業が盛んな街で、北海道最大の穀物輸出入港釧路港が置かれた港湾都市、釧路湿原や阿寒湖など国際的観光地を有する観光都市でもある。 北海道釧路総合振興局を設置し、道東地方を束ねる国、道の各出先機関、各金融機関が集中して立地しており、道東の政治経済の拠点都市としての役割をもつ。   北海道の東部太平洋側、釧路総合振興局南部に位置する。   市内を釧路川、阿寒川が流れるほか、阿寒湖、春採湖(はるとりこ)がある。旧釧路市は平地に位置するため山はほとんどなかったが、合併により北西部に旧阿寒町の雄阿寒岳などの山岳地帯を含むようになった。北東部は釧路湿原国立公園と隣接し、釧路湿原との境界ぎりぎりのところまで住宅が立ち並ぶ。   夏季は、南から北に向かって流れ出す暖気が北東からの冷たい親潮により、海上で冷やされることで北日本の太平洋上で海霧が発生、日没後に海から移流し、市街地が濃霧に覆われる。このような夏季特有の気象条件から最高気温が25度に達することは少なく、冷涼な気候となっている。 最暖月(8月)の平均気温は17.8度と、ロシアのハバロフスク、ウラジオストク、ユジノサハリンスクの最暖月よりも低く、イギリスのロンドン(17.1度、7月)と同じくらいである。最も暑い時期に観測される最高気温が30度以上の真夏日はほぼ皆無である。(しかし、21世紀以降の近年は2007年(平成19年)8月15日に記録した30.0度、2010年(平成22年)6月26日に観測史上最高を記録した32.4度の2回記録している。)、湿度は平均的に高く、霧の日などは100%に達することもある。   その一方、冬季は積雪量が比較的少なく、晴天が多いため、日照時間が道内の諸都市に比べ長い。なお、ケッペンの気候区分では冷帯湿潤気候 (Dfb) あるいは冷帯冬乾燥気候 (Dwb) に属する。道内全体の冬の寒さはそれほど厳しくないが、他地域に比べて晴れの日が多い分、放射冷却が効きやすいため、早朝は-15℃以下になる日も多く、まれに-20℃にまで達することもあり、日中も真冬日を記録する日がほとんどである。また、寒暖の差がごく大きい旨のニュアンスの強い冷帯冬乾燥気候よりも、冷帯湿潤気候と位置づける方が適切と言える。   ただ、旧釧路市地区とは対照的に、旧阿寒町地区などの内陸部は、夏季は暑さが、冬季は寒さが非常に厳しく、夏季は真夏日をほぼ毎年記録している。冬季はとりわけ阿寒湖で1月と2月の平均最低気温は-17度を下回り、真夏日をほぼ毎年記録しているにもかかわらず、年間平均気温はわずか3.7度にしかならない。   在来の駅前の北大通地区に対し、愛国・春採・武佐地区に生協を中心とした購買圏がある。近年では郊外地区を中心に大型ショッピングセンターが展開しており、ホーマックやコーチャンフォー発祥の地である。 (かつて道内各地に進出していた旧スーパーまつだ、旧パソコンのイシダ、旧OK牧場 (ジンギスカン店)の発祥地でもあった)   釧路市の後背地(十勝浦幌から以東の根室、知床羅臼までの道東)が全て商圏となるという広大な商圏を形成し、2000年9月23日にイオン北海道が展開する「イオン釧路昭和ショッピングセンター」、同じイオン北海道が展開する「ポスフール釧路店(当時のマイカル北海道釧路サティ)」2店舗は、道東を代表するショッピングモールとなっている。   十字街・駅前などの北大通、駅西部には地場系スーパーの他、官公署、金融、大手各社の支店、営業所が集積している。しかし、1970年代中期より新たに進出したイトーヨーカドーやサティ、ダイエー、ジャスコと言った郊外型大手大型スーパーの大量出店及び200海里問題や水揚げ港の西港への移動、徒歩圏に立地していた市立病院の郊外移転の影響を受けて商圏に変化が生じた上、1990年代前半に発生したバブル経済崩壊不況の影響から、追い打ちをかけるように出先企業の支店・営業所の撤退が多くの企業で行われ、徐々に活気は失われていった。   この影響から、1970年代から80年代にかけて、オリエンタルデパートやショッピングヤスモトは百貨店業から離脱、丸ト北村は経営危機に陥るなど、衰退・沈下がはっきりし始め、後に大店法大幅緩和を受けて、1994年に釧路町にサティ(現ポスフール)が、さらに2000年には釧路市昭和地区にジャスコが出店したことで、シェア争いが郊外型大手大型スーパーVS地場系スーパー・商店から郊外型大手大型スーパー同士の戦いに変わってしまう。   この結果、十字街・駅前(金市舘(後のラルズプラザ)釧路店、釧路パルコ、釧路ステーションデパート、長崎屋)だけではなく、郊外型大手大型スーパー第1号のイトーヨーカドーまで売り上げが大幅に落ちることになった。そして1994年1月にはラルズプラザ釧路店が閉店、1990年代中期の北海道拓殖銀行経営危機(後に破綻)を受け、同行をメインバンクとしてきた丸三鶴屋も経営に行き詰まり、丸井今井に経営譲渡する形で1996年に廃業。一つの時代の大きな区切りとなった。しかし、都心部衰退は留まるところを知らず、出先企業の支店・営業所の撤退が加速し、2000年に丸ト北村が廃業、2001年にはオクノ釧路店が閉店、2006年8月には丸井今井釧路店が閉店し、くしろデパートが廃業。くしろ氷まつりやくしろ霧フェスティバル、くしろ港まつり、くしろ市民北海盆踊り、くしろ大漁どんぱくなどのイベント開催時以外は人通りが著しく減るなど、厳しい状態が続いている。   さらに、都心部の1つである末広地区には規模の大きな飲食店街があるが、先述・郊外型大手大型スーパー出店が主要原因となる都心部衰退の影響に加え、飲酒運転(運転者への酒類の提供)の全国的な社会問題化による2007年以降の改正道路交通法による飲酒検問強化以降は人通りが著しく減り、閉店・廃業が相次ぐなど厳しい状態が続いている。