介護福祉士受験対策通信(DVD、動画配信)講座/ベストウェイケアアカデミー

当介護福祉士講座の5つの特長

  • 1.合格率80%の講師の指導

    合格率80%の講師の指導

    介護福祉士の試験は100点を取る必要はありません
    DVDとテキスト、そして当介護福祉士講座オリジナルの小テスト・復習テストの繰り返しで合格点を目指します!

  • 2.挫折しないためのフォロー

    挫折しないためのフォロー

    他では絶対あり得ない「介護福祉士通信教育の家庭教師」です
    一般的な通信教育では、「誰がフォローしてくれる」のか、目に見えません。しかし、この「介護福祉士DVD講座」では、私、馬淵が責任を持ってフォローを致しますのでご安心ください!

  • 3.メール/FAXで質問受付

    メール/FAXで質問受付

    毎年多くの質問をした介護福祉士受験生ほど合格率が高いです
    介護福祉士通信講座受講生からの質問・勉強方法・グチ(笑)なんでも講師自らがお答えします。もちろん回数無制限です。 お問い合わせをお待ちしております。

  • 4.1授業(90分)2000円弱の講義!

    1授業(90分)2000円弱の講義!

    他社の介護福祉士講座では絶対マネできない価格です
    内容を気に入っていただいても「やっぱり高い」では意味がありません。介護福祉士講座(全巻セット)の費用は16枚セットで35,000円(テキスト代別)となっています。

  • 5.動画配信コースを開始します!

    動画配信コースを開始します!

    動画配信コースを開始します!
    DVDは車の中で音声を聴くこともでき、非常に便利です。しかし、持ち出すことができず、職場やDVDプレイヤーがない場所で学習することができません。そこでスマホ・タブレットでもDVDと同じ動画を受講できる動画配信コースを開始します。これで電車で通勤している方も常に介護福祉士合格までの道筋をより確実にしていただけるものと確信しています。

室蘭の情報です

  • 室蘭はこんな町です

    室蘭市(むろらんし)は、北海道の南西部に位置する市。胆振総合振興局の所在地である。   天然の良港を活かし、鉄鋼業(新日本製鐵や日本製鋼所の企業城下町で、よく「鉄のまち室蘭」と称されてきた)を中心に、造船、石炭の積み出し、石油精製などで発展した、北海道を代表する重化学工業都市である。胆振総合振興局の所在地であるが、人口や経済規模では苫小牧市に次ぎ管内2位。室蘭の名前の由来は、アイヌ語のモ・ルエラニ「小さな坂道の下りたところ」の意による。明治期の呼称はモルラン。   面積が狭いため人口密度が「1,225.82人/km2(2006年(平成18年)8月1日現在)」と北海道では札幌市の「1,666.51人/km2(同)」に次いで2番目に高い。かつては20万近くを有する都市であり、人口密度も北海道で最も高かったが、基幹産業ともいうべき新日本製鐵や日本製鋼所等での大規模な合理化のほか、登別市や伊達市など地価の安い周辺都市[1]や、より札幌や新千歳空港に近く平地の多い苫小牧市での大規模開発などに押され、人口は1970年代後半以降減少が続き、1980年(昭和55年)には苫小牧市に抜かれ、2005年(平成17年)の国勢調査では58年ぶりに10万人を下回った。   衆議院議員選挙における選挙区は北海道第9区で、2009年(平成21年)9月に第93代内閣総理大臣に就任した鳩山由紀夫の選挙区でもある。   太平洋と内浦湾(噴火湾)の境に突き出した絵鞆半島を中心に市域が広がっており、三方を海に囲まれた地形。南端のチキウ岬(地球岬)からは広く水平線を臨むことができる。絵鞆半島に抱き込まれた形の室蘭港は天然の良港をなす。半島付け根の砂州と室蘭港に面した埋立地に平地があるが、市域の大部分は山がちであり、市街地の多くは沢に沿って形成されている。   気候は、地形状の特性から著しい海洋性の気候であり、北海道でも最も温暖な部類に属する。1月の平均気温が-2.2℃と、より南に位置する函館よりも高く、1月の最低気温平均値は-4.4℃と長野市とほぼ同じである。ただ、室蘭地方気象台(山手町2丁目)は絵鞆半島の先端部の海まで数百メートルという場所に位置し、風が強く気温が非常に下がりにくい場所であり、最低気温の極値でさえ-13.4度にしかならない。また、風が強いため雪も積もりにくい。そのため、現在の室蘭市の中心地である東室蘭駅周辺の気候とは多少異なることがある。むしろ、絵鞆半島以外の地域は登別市や伊達市の気候に近い。   北海道内全体の取り扱い貨物量の17.3%を占めており道内2位(3927t、2003年速報値)の規模を誇る港である。防波堤等で囲まれる被覆内港湾面積は1,409haで国内5位、岸壁数は北海道内の港湾最多の109バースを有している。特定重要港湾の指定を受けているほか、静脈物流拠点港(リサイクルポート)の機能を持つ。浮体式防災施設(広域防災フロート)を有し、内浦湾(噴火湾)全体の防災拠点港としての役割を果たしている。