介護福祉士受験対策通信(DVD)講座/株式会社ベストウェイ

当介護福祉士講座の5つの特長

  • 1.合格率80%の講師の指導

    合格率80%の講師の指導

    介護福祉士の試験は100点を取る必要はありません
    DVDとテキスト、そして当介護福祉士講座オリジナルの小テスト・復習テストの繰り返しで合格点を目指します!

  • 2.挫折しないためのフォロー

    挫折しないためのフォロー

    他では絶対あり得ない「介護福祉士通信教育の家庭教師」です
    一般的な通信教育では、「誰がフォローしてくれる」のか、目に見えません。しかし、この「介護福祉士DVD講座」では、私、馬淵が責任を持ってフォローを致しますのでご安心ください!

  • 3.メール/FAXで質問受付

    メール/FAXで質問受付

    毎年多くの質問をした介護福祉士受験生ほど合格率が高いです
    介護福祉士通信講座受講生からの質問・勉強方法・グチ(笑)なんでも講師自らがお答えします。もちろん回数無制限です。 お問い合わせをお待ちしております。

  • 4.1授業(90分)2000円弱の講義!

    1授業(90分)2000円弱の講義!

    他社の介護福祉士講座では絶対マネできない価格です
    内容を気に入っていただいても「やっぱり高い」では意味がありません。介護福祉士講座(全巻セット)の費用は16枚セットで29,800円(テキスト代別)となっています。

  • 5.動画配信コースを開始します!

    動画配信コースを開始します!

    動画配信コースを開始します!
    DVDは車の中で音声を聴くこともでき、非常に便利です。しかし、持ち出すことができず、職場やDVDプレイヤーがない場所で学習することができません。そこでスマホ・タブレットでもDVDと同じ動画を受講できる動画配信コースを開始します。これで電車で通勤している方も常に介護福祉士合格までの道筋をより確実にしていただけるものと確信しています。

日立の情報です

  • 日立はこんな町です

    日立市(ひたちし)は茨城県の北部の市。市域の大半は旧多賀郡で一部は久慈郡である。総合電気メーカー・日立製作所の創業の地として知られる。   日立鉱山から発展した鉱工業都市である。1905年、久原房之助が赤沢銅山(後の日立鉱山)を買収し、久原鉱業所(現在のJXホールディングス)を創業して以来の企業城下町として、後年はその機械部門が分離・独立した日立製作所の企業城下町となるが、現在は両社とも本社を東京に移転している。他に似たような企業城下町には、豊田市(トヨタ自動車)や新居浜市(別子銅山、住友グループ)などがある。   なお、都市名と企業名の混同を避けるために、日立市民は都市名を『日立(ひたち)』と呼び、日立製作所を『日製(にっせい)』と呼んで区別している(日製の略称はかつての日製商事=現在の日立ハイテクノロジーズなど、日立グループでも用いられる)。   戦後の一時期、人口は県庁所在地の水戸市を上回っていたことがある。しかし、近年は日立グループの再編などによって人口が減少し、十王町との合併にも関わらず20万人を割った。現在はつくば市に抜かれ、県内3位となっている。   関東平野が久慈川(日立市と東海村の境)で北端となるため、東側の太平洋と西側の多賀山地に挟まれ、南北に細長く可住地が伸びている。可住地の多くは、日立製作所及びその関連企業の施設が占めているため、山間地を切り開いて造成した住宅地が多い。   玉簾の滝 平和通りのサクラ並木可住地は大半が海岸段丘と扇状地であるため、水の便が悪い所が多い。川も河口付近まで谷になっているものが多い。昔は、沢の上流からかけどいと呼ばれる水道橋を作って用水を確保していた地域もある。また、扇状地の末端部分では泉が森のように地下水が湧き出し泉となっているところもある。 南北に大きく伸びた海岸線を持つことから、市内には6箇所の海水浴場を持つ。名勝として、玉簾の滝(たまだれのたき)や諏訪梅林(すわばいりん)などがある。市内各地に桜の木が多く見られ、「日本さくら名所100選」にも選ばれている(かみね公園・平和通り)。 市北西部の日立鉱山には1914年に煙害対策として高さ155.7mの大煙突(だいえんとつ)が建てられ、鉱工業都市日立のシンボルとして長く親しまれた。これをモデルにした小説として、新田次郎の「ある街の高い煙突」がある。この大煙突は、1993年2月19日、この日に吹いた強風と老朽化の影響で突如倒壊し、現在は高さ54mとなっている。 総じて、常磐線の駅を目安に各地区が形成されており、大甕(おおみか)・多賀(たが)・助川(すけがわ)・小木津(おぎつ)・十王(じゅうおう)の国道6号沿線と、中里(なかざと)の国道349号沿線に分けられる。中里地区は、同じ国道349号沿線の常陸太田市との交流が多い。 日立市は日立製作所の企業城下町として有名である。市の人口のおよそ40%は日立製作所及びグループ会社の社員かその家族である。他の企業城下町では、西の豊田市(トヨタ自動車)と対比されることが多い。市内には、日立製作所およびその系列企業の工場や社宅、社員寮が多数点在する。東日本でも有数の工業集積地域として発展し、その事業所数はピーク時で1000を数えたが現在は約700。機械、電機、輸送機に関連する中小企業が日立市のものづくり産業を支えている。日立地区産業支援センターは平成11年4月にオープンした産業支援機関であり、こうした中小企業の様々な事業活動をサポートしており、その精力的な活動は全国的にも注目され、モデルケースとなっている。 日立鉱山は、現在のJX日鉱日石エネルギー・JX日鉱日石金属の元になっている日本鉱業発祥の地でもある。日立鉱山は1981年に閉山となっているが、鉱石の精錬事業はJX日鉱日石金属の工場で現在も続いている。 日立市という名は、企業名をもとにつけられたと誤解されることが多い。しかし前述のように、日立の地名は徳川光圀によって名付けられたものであり、日立製作所(およびその母体である日本鉱業)の成立以前から「日立村」という地名が存在している。企業名はここからとられたものである。 福島県富岡町付近から日立市北部にかけての地域では、常磐炭田の存在によって明治中期以降は石炭産業が盛んであり、市内では旧十王町地区に櫛形炭鉱などが開かれていた。しかし、1960年代以降石炭産業は衰退し閉山に追い込まれた。 産業遺産として、セメントの原料である石灰石運搬用の架空索道がある。日立セメント株式会社が太平田鉱山で採掘したセメントの原料である石灰石を山根貯鉱場までの山間3.8kmの区間を運搬しているものである。さらに、山根貯鉱場からセメント工場までは、ベルトコンベアが通っており、数沢川の上に架かる線路上を通過し、市役所付近から地下に入り市街地を縦断して工場まで運搬しているものである。現在日本国内で架空索道が運転されているのはここだけの珍しい設備である。 十王地区の伊師浜海岸には、日本で唯一、海鵜(ウミウ)の捕獲が許可されている鵜捕り場が設けられている。 茨城港日立港区では自動車の輸出入も盛んに行われており、ダイムラー(メルセデス・ベンツ)やルノー、日産自動車が主に利用している。特にメルセデス・ベンツは常磐自動車道日立南太田ICそばに新車整備センター(VPC)を設けており、日本国内における一大輸入拠点となっている。 観光地・施設 [編集] 吉田正音楽記念館 かみね公園/かみね動物園/日立市郷土博物館 奥日立きららの里 日立シビックセンター/科学館/日立市立記念図書館 高鈴山、神峰山、風神山 会瀬海水浴場、川尻海水浴場、河原子海水浴場、久慈浜海水浴場、水木海水浴場、伊師浜海水浴場 小貝浜 花園・花貫県立自然公園 伊師浜海岸 鵜の岬温泉国民宿舎鵜の岬/鵜来来の湯十王/十王物産センター鵜喜鵜喜(うきうき) 鵜の岬(海鵜捕獲地) 南高野貝塚 玉簾の滝 吉田正音楽記念館 かみね公園 祭、郷土芸能 [編集] 日立さくらまつり:4月初旬、平和通りとかみね公園を中心に開催される。日立風流物(山車)数基が披露される。 常陸国YOSAKOI:5月20日前後の土日に開催(日立会場は土曜日開催・多賀市民プラザ) 日立あんどんまつり:8月。かみね公園に多数の行灯やぼんぼりが灯される。 よかっぺ祭り:9月中旬、多賀地区を中心に開催される。「よかっぺ」は方言で「良い」あるいは「良いでしょう?」の意味。 金砂神社磯出大祭礼:72年に一度、3月に行われる。 西金砂神社および東金砂神社は常陸太田市(旧・金砂郷村)の神社であるが、この大祭礼は両神社と日立市水木浜の間を往復する。 日立風流物(国指定重要有形・無形民俗文化財・ユネスコ無形文化遺産) 日立ささら(県指定無形民俗文化財):獅子頭を被った3人の舞手がお囃子に合わせて舞う民俗芸能。