介護福祉士受験対策通信(DVD)講座/株式会社ベストウェイ

当介護福祉士講座の5つの特長

  • 1.合格率80%の講師の指導

    合格率80%の講師の指導

    介護福祉士の試験は100点を取る必要はありません
    DVDとテキスト、そして当介護福祉士講座オリジナルの小テスト・復習テストの繰り返しで合格点を目指します!

  • 2.挫折しないためのフォロー

    挫折しないためのフォロー

    他では絶対あり得ない「介護福祉士通信教育の家庭教師」です
    一般的な通信教育では、「誰がフォローしてくれる」のか、目に見えません。しかし、この「介護福祉士DVD講座」では、私、馬淵が責任を持ってフォローを致しますのでご安心ください!

  • 3.メール/FAXで質問受付

    メール/FAXで質問受付

    毎年多くの質問をした介護福祉士受験生ほど合格率が高いです
    介護福祉士通信講座受講生からの質問・勉強方法・グチ(笑)なんでも講師自らがお答えします。もちろん回数無制限です。 お問い合わせをお待ちしております。

  • 4.1授業(90分)2000円弱の講義!

    1授業(90分)2000円弱の講義!

    他社の介護福祉士講座では絶対マネできない価格です
    内容を気に入っていただいても「やっぱり高い」では意味がありません。介護福祉士講座(全巻セット)の費用は16枚セットで29,800円(テキスト代別)となっています。

  • 5.動画配信コースを開始します!

    動画配信コースを開始します!

    動画配信コースを開始します!
    DVDは車の中で音声を聴くこともでき、非常に便利です。しかし、持ち出すことができず、職場やDVDプレイヤーがない場所で学習することができません。そこでスマホ・タブレットでもDVDと同じ動画を受講できる動画配信コースを開始します。これで電車で通勤している方も常に介護福祉士合格までの道筋をより確実にしていただけるものと確信しています。

古河の情報です

  • 古河はこんな町です

    古河市(こがし)は、関東地方のほぼ中央、茨城県の西端に位置する都市である。人口約14万人。   「古河」は、古く「許我」と表記され、『万葉集』に当時の情景が二首詠まれている。すでに奈良時代から渡良瀬川の渡し場として賑わっていたことが伺える。   また渡良瀬川近くの古河市牧野地にある川戸台遺跡が、9世紀初め~10世紀の平安時代に東日本最大級の“製鉄所”跡で、ここで生産された鍋が多賀城(仙台市)や秋田城(秋田市)に送られていたことが、古河市教育委員会の発掘調査により判明した。同じく古河市教育委員会の発掘調査により、三和窯跡群の一角で、かつて飯沼だった東仁連川近くの古河市江口にある江口長沖窯跡で、9世紀後半の「半地下式平窯」が茨城県内で初めて発見され、ここで作られた須恵器が水運により関東地方の広範囲に流通していたと考えられるなど、平安時代にも交通の要所であり、また製鉄や窯業の生産拠点であったことがうかがえる。   室町時代には古河公方の本拠地として、江戸時代には古河藩の城下町、日光街道の宿場町・古河宿として盛えた。古河藩は下総国であったため、現在でも旧常陸国、水戸街道が中心となって形成している茨城県の中では歴史的・文化的に特異な部分が多い。   明治期に入ると製糸産業が発達し人口が急増、一時期は茨城県内で二番目の人口となっていた時期もあった。1958年(昭和33年)に東北本線が電化され、上野まで約一時間で結ばれるようになってからは、東京のベッドタウンの役割を加わって発展し、合併前には人口密度で県内第1位となった。現在は都心回帰の影響で東京のベッドタウンとしての役割は薄れたが、人口では、土浦市に次いで茨城県内第6位である。   行政上では茨城県に属しているが、国道4号(日光街道)や宇都宮線(東北本線)の沿線であることから、経済や教育の面で栃木県、埼玉県とのつながりが強く、東京都ともつながりがある(古河市は県西地域で唯一東京大都市圏に属している)[1]。   なお、地元の人以外には古河財閥などとの関係から「ふるかわ」と誤読されたりする。   2005年に総和町、三和町と新設合併の形で合併した。   史跡 [編集] 古河城址 曲亭馬琴(滝沢馬琴)作の読本南総里見八犬伝の芳流閣の元とも言われる。大半は川に水没。城門(古河市の文化財)、古河城文庫蔵、乾蔵(共に国の登録有形文化財)が移築現存している。 古河公方館跡 古河総合公園内。御所沼などが復元されている。足利義氏の墓所があるが、何者かに破壊される事件があった [11]。 神社・寺 [編集] 雀神社 旧古河町の総鎮守である。 長谷観音 日本三大長谷観音を称する。上記項目参照。 鮭延寺(けいえんじ) 最上義光を支えた有力武将鮭延秀綱(さけのべ ひでつな)を弔うために建立された寺。これが奇縁で古河市(旧総和)と真室川町が姉妹都市となった。熊沢蕃山もこの地で眠る。 正定寺 江戸幕府の初代大老で徳川家康の隠し子(徳川秀忠の兄)という伝承もある土井利勝の墓所があり、鳥羽、唐津への転封を経たのち再び古河城主となり、近世大名として最も長い期間、古河を国元とした古河藩主土井氏代々の菩提寺である。 文化施設 [編集] 古河歴史博物館 鷹見泉石関係資料や古河城模型などを展示する。 古河文学館 永井路子旧宅(古河文学館の別館) 鷹見泉石記念館 国宝となっている渡辺崋山筆の肖像で知られ、著名な蘭学者で古河藩家老だった鷹見泉石の旧邸を整備した施設である。泉石の遺品は隣接する古河歴史博物館に収蔵されている。 篆刻美術館 日本で唯一の篆刻(てんこく)の美術館である。 古河街角美術館