介護福祉士受験対策通信(DVD)講座/株式会社ベストウェイ

当介護福祉士講座の5つの特長

  • 1.合格率80%の講師の指導

    合格率80%の講師の指導

    介護福祉士の試験は100点を取る必要はありません
    DVDとテキスト、そして当介護福祉士講座オリジナルの小テスト・復習テストの繰り返しで合格点を目指します!

  • 2.挫折しないためのフォロー

    挫折しないためのフォロー

    他では絶対あり得ない「介護福祉士通信教育の家庭教師」です
    一般的な通信教育では、「誰がフォローしてくれる」のか、目に見えません。しかし、この「介護福祉士DVD講座」では、私、馬淵が責任を持ってフォローを致しますのでご安心ください!

  • 3.メール/FAXで質問受付

    メール/FAXで質問受付

    毎年多くの質問をした介護福祉士受験生ほど合格率が高いです
    介護福祉士通信講座受講生からの質問・勉強方法・グチ(笑)なんでも講師自らがお答えします。もちろん回数無制限です。 お問い合わせをお待ちしております。

  • 4.1授業(90分)2000円弱の講義!

    1授業(90分)2000円弱の講義!

    他社の介護福祉士講座では絶対マネできない価格です
    内容を気に入っていただいても「やっぱり高い」では意味がありません。介護福祉士講座(全巻セット)の費用は16枚セットで29,800円(テキスト代別)となっています。

  • 5.動画配信コースを開始します!

    動画配信コースを開始します!

    動画配信コースを開始します!
    DVDは車の中で音声を聴くこともでき、非常に便利です。しかし、持ち出すことができず、職場やDVDプレイヤーがない場所で学習することができません。そこでスマホ・タブレットでもDVDと同じ動画を受講できる動画配信コースを開始します。これで電車で通勤している方も常に介護福祉士合格までの道筋をより確実にしていただけるものと確信しています。

守谷の情報です

  • 守谷はこんな町です

    守谷市(もりやし)は、茨城県南部に位置する市である。旧下総国、旧千葉県。郵便番号の上5桁は302-01。   現在は新興住宅街(ニュータウン)としての印象が強いが、旧市街地はかつて城下町で、その周辺は田園地帯だった。1966年(昭和41年)6月に首都圏近郊整備地帯の指定を受けて以後、日本住宅公団(現:都市再生機構)や三井不動産による開発が計画、開発され、1982年(昭和57年)4月に入居が始まり、それ以後人口が増加。国道294号とそれに並行する常総ふれあい道路沿いを中心に産業活動が活発化している。さらに、2005年(平成17年)8月24日に開業した首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス開業により宅地開発を中心に市内では開発が進んでいる。東洋経済新報社が毎年算出する「都市成長力ランキング」で、2004年(平成16年)総合1位[1]、「全都市住みよさランキング」で、第16回(2008年)総合1位[2]、関西社会経済研究所発表の財政健全性で3位となった[3]。また、世界各国の現代芸術分野の若手アーティストを招き、滞在期間中の創作活動を支援する芸術文化を通じた地域振興のためのアートプロジェクト「アーカスプロジェクト」が行われている。計画的に整備された市内の街並、公園、駅はドラマ等にも度々登場する。   東京都心から約35km、千葉県との県境である茨城県南西部に位置する。市の南西から北東にかけて首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス、市の南東から北にかけて関東鉄道常総線が通り、市の中央部にある守谷駅でその2つの路線が交差している。道路は、市の南東から北にかけて、国道294号、常総ふれあい道路が並行して通っている。また、常磐自動車道が市の南から北に通っており、つくばエクスプレスに並行して整備が進められている都市軸道路が一部区間で開通している。東は取手市、西は千葉県野田市、南は千葉県柏市、北はつくばみらい市に接している。   市内は守谷、大井沢、大野、高野、北守谷、南守谷、みずき野、美園の8地区に分けられる。元は合併前の1町3村の名称と区分にちなんで、市の中央部から北東部にかけてを守谷地区、南東部を高野地区、北西部を大井沢地区、南西部を大野地区と分けていた。その後、住宅開発により守谷地区のうちパークシティ守谷をみずき野地区、大井沢地区のうち常総ニュータウン北守谷を北守谷地区、高野地区、守谷地区のうち常総ニュータウン南守谷を南守谷地区、高野地区のうちヒルズ美園を美園地区として分離した。このように市は8地区に分けているが、旧大井沢地区は大部分が北守谷地区に変わり、大井沢地区は実質北守谷地区の一部と化している。また、守谷地区も西部の百合ケ丘と東部の本町、ひがし野とでは同一地域としての繋がりは薄く、守谷市の地域区分は行政上の地域区分としてのみ機能している状態である。   名所・旧跡・観光スポット [編集] 守谷城趾 成田不動明王石碑(お化け石) 寺社 [編集] 雲天寺 - 本町358番地 永泉寺 - 松並1800番地 海禅寺 - 高野1337番地 西光寺 - 大柏441番地 西林寺 - 本町726番地 常安院 - 乙子536番地 正安寺 - 野木崎1301番地 清瀧寺 - 板戸井1910番地 浄国寺 - 薬師台三丁目11番地2 大円寺 - 大木675番地 大解寺 - 百合ケ丘三丁目2609番地 龍沢寺 - 立沢661番地 長龍寺 - 百合ケ丘二丁目2555番地 神社 [編集] 明治神宮 - 中央二丁目 愛宕神社 - 本町 石神神社(高野) - 高野 石神神社(本町) - 本町 稲荷神社 - 本町 香取神社(大柏) - 大柏 香取神社(大山新田) - 大山新田 香取神社(立沢) - 立沢 香取神社(本町) - 本町 香取神社(野木崎) - 野木崎 熊野神社 - 同地 権現神社 - 立沢 駒形神社 - 乙子 清瀧香取神社 - 板戸井 山王神社 - 板戸井 浅間神社 - 高野 天満宮(大柏) - 大柏 天満宮(高野) - 高野 天満宮(赤法花) - 赤法花 白山神社 - 百合ケ丘 羽黒神社 - みずき野 日枝神社 - 鈴塚 保食神社 - 大木 八坂神社 - 本町 六十六所神社 - 大木 祭事・催事 [編集] アヤメ祭(6月) 八坂神社例大祭(7月) 江戸時代、酒井氏によって創建された「守谷総地鎮八坂神社」の祭礼で、夜店が神社前の旧道に広がり山車が出るなど守谷で最も規模の大きな祭である。 芸術祭(10月~11月)- 守谷市文化協会・中央公民館共催 美術展(10月~11月)- 守谷市文化協会・中央公民館共催 菊花展(10月~11月)- 守谷市文化協会・中央公民館共催 明治神宮祭(11月) 1916年(大正5年)に創建された明治神宮の祭礼。最も盛んだったのは昭和初期で、現在も祭礼が続いている。 守谷ハーフマラソン(2月開催)